火曜日, 7月 10, 2007

GoogleAnalyticsの結果

 mixiからブログを外してみましたが、どうやらアクセス数(直帰率も含める)はあんまり変化がなさそう。
ということは、このままの状態で進める方が一番良いかもしれないですね。

Googleから検索を書けてヒットしている事が多いのかもしれないと個人的ではありますが(そういう時こそAnalyticsを使えってw)考えております。

 が、もし、ブログのアクセス件数があまりにも減るのであればもう一度戻すって言う事も考えなければならないでしょうね。

日曜日, 7月 01, 2007

gSync

 googleが提供してくれているGoogleカレンダーという物がありますが、普通に使う分にはこれで満足する方も多いと思います。 私が不満足なのはその操作性です。これに関しては二つに分かれると思います。MacにはiCalという便利なカレンダーツールがあるのでこれをフルに活用して、そしてMacの方でもGoogleカレンダーの方でもきちんと使えるようにしたい。
 GoogleカレンダーでもMacのiCalでもという方は多いと思います。有料で同期を取ってくれるソフトもありますが、私はフリーソフトをフル活用して自分なりのいい環境を構築していこうというのが私のスタンスなので、もちろん、そのような有料のソフトを使うというのはほとんどの場合はありません。(Office環境にしてもOpenOffice.orgですから)

 さて、前書きはこの辺にしておいてGoogleカレンダーとiCalをどうにかして同期を取る。というツールを紹介します。

GSync

このソフトはiCalで書いた物をGoogleカレンダーにアップ、Googleカレンダーで書いた物をiCalにアップという使い方ができるのですが、特筆すべき機能はSynclonized機能これを使うことによって両方とも同じカレンダーにできるという機能です。
ただ、きちんと使い込んでいる訳ではないので、どのような動作をするというきちんとした区別ができている訳ではありませんが、Synclonized機能さえ使えれば十分という人も多いと思います、iCalに書いたスケジュールを外出先で確認したい。外で書いた物をiCalに反映させたい。私と同じような事を考えている人は使ってみたら良いと思います。

ちなみに、GoogleCalenderもiCalも仕事用、私用用と分ける事ができますが、どちらの機能にたいしても、ちゃんと分けて同期を取る事ができるのも便利なところです。
だから、私はゼミ用、彼女用、バイト用、仕事用と分けておりますが、そのアップの仕方にも万が一の可能性を考えて同期の仕方も変えております。 それが一括でできるのもうれしいところです。

さぁ、Mac使いの皆さん。 使ってみてください。