金曜日, 6月 21, 2013

家に帰った時にDHCP環境でどのマシンが上がっているかみたくなった。

題名のとおりです。
普通に考えると、nmapとかシェルスクリプトで解決ですよね。

ホストの発見

なんか、-PS netowrk/24(やっちゃだめ。。。。きっとListenしているポートまでかくにんするから)とかやるとネットワークがものすごい事になったので、ちゃんとオプションは知っておかないとまずいなとか。そんなことを思いつつ。

んで、

シェルスクリプトで、pingをforするだけで事は足りると思ったのですが、勢い余ってrubyで書き始めたので最後までやることに。

利用しているライブラリは、

parallel
benchmark
net/ping

forkするものは書いたことなかったので試しに書いてみた感じ。

gistはコードをブログに貼り付けられるということで、試しに使ってみる。(githubには上げて動かないものを公開する日々)

normalのところでエラー出たらごめんなさい。 実は動作させていると、だめぽかもしれない。


勢い余ってやった。 反省している。

閑話休題
なんかディスプレイを購入したいです。
40インチのディスプレイの話を聞いていて購入意欲が高まってきた所で、「本当にそれでいいの?デュアルじゃなくていいの?」

忘れていました。
会社も自宅もデュアルディスプレイになっているのでディスプレイの大きさがすべてを解決してくれるわけではないと。

よーく考えてみるとデュアルじゃないと困る。
というわけで、デュアルディスプレイでの構成で、チルトできるディスプレイかつ、ディスプレイアームを2つ。
もしかしたら、ディスプレイは2つ追加。

ディスプレイ縦にしてみるとすごいコードが読みやすいということで、試したいし。wkwk

追伸:コードおかしかったら、、、なんかして欲しいです。
githubでなにかされるとどうなるかまだ見たことがないので、それどんなのかみてみたいですし。

土曜日, 6月 01, 2013

やべーHDD飛ばしてもうた。

最近thinkpadさんがすごい暇をしているので、windows上でdebian on Virtualboxしていました。

USBマウントでext4なHDDを二台扱っていたのですが、どうにも途中でVMがハングアップしている(VirtualBox自体がハングアップ)ので、

「Knoppixでやればいいね。」
とコピーの作業を実施。

頭の中で
/big1->/dev/sdc1
/big2->/dev/sdb1
となっていたのが、
/big1->/dev/sdb1
/big2->/dev/sdc1
となっておりました。

よし、big1からbig2のデータのコピーに失敗していたからやり直しをしましょう。
といってrm -rf /big2/ディレクトリたちと指定してEnterをたたくと、

big1を確認するとあれ?データが少ない。。。。

本をわざわざ購入して電子書籍にしていた時のお金、TSUTAYAに行って借りて、旅の思いで(これはpicasaにあるからいいとしても)が一瞬にしてなくなりました。

反射的に mount -o remount,ro /mnt/big2としました。
「私はいっさいの書き込みを受け付けない。」

なんか無いかなーと思って調べていると、
Linuxでうっかりrm -rfしちゃったけど復活出来たよー\(^o^)/ - y-kawazの日記 http://d.hatena.ne.jp/y-kawaz/20110123/1295779916

ktkt

Knopix上で作業をおこなおうにもwifiアダプタを認識していないので、断念。 このままubuntu desktopにしてしまおうということで、thinkpadさんにubuntuディスクを投入。

現在結果待ちです。

ただ、みていると、
結構とれていないファイルも多いので、これはあまり期待できそうにないですね。

前のバックアップ(調子が悪いとあきらめてknopixを起動する前のもの)が結構取れていてほしいデータがあるので、残りを保管する役割としてつかえばいいか。。)

気をつけましょう。 rm