水曜日, 10月 21, 2015

眠気なまこ - rsnapshotをfedora22で

今日は夜勤明けで夜までは起きておかんといかん。
そんなわけで今まで解決できなかった問題を解決しましょうと。

気になった問題をいろいろ書いて列挙したうちのひとつ

「rsnapshotをfedora22で自動的に取得するためには?」

わざわざ手で毎日rsnapshotを叩いてtmuxとかで立ち上げておくのも面倒です。

また、自分の目的のバックアップ方法は、1日一回のバックアップですんで、まぁ、それが満たせる設定であればいいかなと。



snapshot_root   /mnt/3tv2

interval        daily   2
interval        weekly  2
interval        monthly 3

backup  /home/          localhost/
backup  /etc/           localhost/
backup  /usr/local/     localhost/


ここまではCentOS6系もいっしょですね。

「systemctlで定期実行」

こんなの書いてありましたが、丸パクリでやって頭の中にはいっていないですな。
rsnapshotだったら、定期的に実行するはずなんでサンプルとか元からはいっていそうですが。
rsnapshot dailyだけでいいだろうし、少し探してなかったら、かいちゃう。

ないっぽいな。

/usr/lib/systemd/system配下に
cat /usr/lib/systemd/system/rsnap.service 
[Unit]
Description=rsnapshot service
DefaultDependencies=no

[Service]
Type=simple
ExecStart=/usr/bin/rsnapshot -v daily
User=root
Group=root

[Install]
WantedBy=multi-user.target

cat /usr/lib/systemd/system/rsnap.timer 
[Unit]
Description=Execute rsnapshot daily 3:00:00

[Timer]
OnCalendar=*-*-* 03:00:00
Unit=rsnap.service

[Install]
WantedBy=multi-user.target

を配置して (中身は他のみるか、前記事参照)
# systemctl enable rsnap.timer
# systemctl start rsnap.timer きっとこれでサービス開始だと思う。

明日結果はみてみるとしますかね。