火曜日, 12月 20, 2016

まずは、ubuntuマシンにしてやろうか!?(part II)

起きたら終わっていると思っていたHFS+ => XFSへのデータ移動ですが、

困ったことにVirtualbox越しに、ホストMacBookから参照していると、エラーが頻発するのです。

色々試したけど、これって前にも経験しているので、早々に諦めて

この方式に、するしかないかぁ。。。。
Knoppixで利用するときに注意しないといけないことが。。。
起動したあと放っておいたら、スクリーンセーバーで止まってしまうことがあるみたい。
スクリーンセーバーから戻ろうとしてキーを入力したらそこでずっと画面が止まってしまう。。。

起動するときにスクリーンセーバーはoffにしておかないと、画面がうっとおしいことこの上ない。

んで、これを1日続けてみましたが、なぜかOSが固まってる。。。。
knoppixをサーバーとして使うのはあまりいい案じゃないかもしれない。

仕方が、、、ない。

安心安全のubuntuさん。
可愛いよ。

転送終了後もdockerホストとして生き延びてくれればいいわけでさ。

そんなこんなでデータ転送は上記の構成で二日目突入。
ubuntuマシンはUSB2.0だからかなり時間かかる。